2010年06月15日

口蹄疫 対応人員の増派を検討 菅首相(毎日新聞)

 菅直人首相は14日午前、首相官邸であった口蹄疫(こうていえき)対策本部の会合で「九州全土に広がるか広がらないかの瀬戸際だ。多少余り気味であってもいいから、どーんと人を派遣したい」と述べ、防疫や牛・豚の埋却処分に携わる警察官や自衛隊員の増派を検討する考えを示した。

 現地には、既に警察官、自衛隊員がそれぞれ約300人規模で派遣されているが、首相は12日の宮崎県視察を踏まえ「現地からすると『何でもっと来てくれないんだ』とやり場のないいらだちを、強く国に向けて言われた」と説明した。【青木純】

【関連ニュース】
口蹄疫:菅首相が宮崎で農家視察 「国家的な危機と認識」
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請
口蹄疫:飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承
口蹄疫:拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念
口蹄疫:血液検査再び陰性 エース級種牛5頭

<口蹄疫>菅首相、12日に宮崎へ(毎日新聞)
割引拡大で高速料金収入減=首都、阪神など3社―10年3月期決算(時事通信)
新党改革、参院選兵庫にNPO法人理事長(産経新聞)
元富士通社長の請求却下=代表取締役への復帰認めず―横浜地裁支部(時事通信)
千葉が本社のネイルアート教室、8日に突然閉鎖(読売新聞)
posted by オオクマ トシユキ at 17:09| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。